交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤補正、腰痛治療 埼玉県入間市豊岡1-5-32 武蔵野ビル1F
くまはら接骨院 入間院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~18:00
休  診
日曜日・祝祭日・木曜午後

ジャンパー膝( 膝蓋腱炎 )

大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉 )をはじめとする膝伸展機構 ( 大腿四頭筋、膝蓋骨、膝蓋腱 )への繰り返しのストレスによる腱付着部( 膝蓋骨の下 )での微細損傷の繰り返しと考えられています。

症状は運動後の痛みのみで機能的影響のないもの、運動前後で痛みはあるが運動に支障をきたさないもの、または、運動中にも痛みがあり満足な競技ができないものなどがあります。

ジャンパー膝の原因

バレーボールのようなジャンプ系のスポーツや、急激なストップ、方向転回をおこなうバスケット、サッカーなどのスポーツに多くみられます。

原因としては大腿四頭筋の遠心性収縮に伴う膝蓋腱への負荷であります。
遠心性収縮とは簡単にいうと、筋肉が伸びていく方向に力が入る状況の時で、例えばジャンプをしたあと、着地時の大腿四頭筋がこれにあたります。

ジャンパー膝の対策

運動の量や強度を制限するとともに、ウォーミングアップ、クールダウンをしっかり行い練習後のアイシングを徹底します。

治療としては手技療法で筋の緊張を緩和させるとともにホットパックなどの温熱療法とテーピングやジャンパー膝用のサポーターで部分的に膝蓋腱の圧迫を図ることにより治癒を促進させます。
運動中に痛みがある場合は運動を禁止し治療に専念することも大事です。