交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤補正、腰痛治療 埼玉県入間市豊岡1-5-32 武蔵野ビル1F
くまはら接骨院 入間院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~18:00
休  診
日曜日・祝祭日・木曜午後

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは

坐骨神経の経路と分布領域に痛みや痺れの症状があるものが坐骨神経痛と呼ばれており、
神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢に痺れや疼痛を発症するものです。
坐骨神経痛が症状として出ている場合以下の場合が考えられます。

椎間板ヘルニア

主に腰痛や、お尻から脚にかけての坐骨神経痛が発生します。
その他、ふくらはぎにしびれが起こったり、下肢に力が入りにくくなったりする場合があります。
ときに、排尿や排便の障害を起こすこともあります。
腰部の背骨には、椎体と呼ばれる骨の部分と、その骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板とがあります。
さらに、椎間板は繊維輪と、ゲル状の髄核と呼ばれるものでできていますが、
何らかの原因で繊維輪が断裂すると、そこから髄核が出てきます。
すると、脊柱管の中の神経が圧迫されて痛みやしびれが起こります。

腰部脊柱管狭窄症

安静にしていると痛みはあまりありませんが、歩き出すとお尻から太ももや足の先にかけて痛みやしびれが現れることが多いです。
そのため、長い距離を歩けなくなったり、しばらく休憩するとまた歩けたりということを繰り返します。

このような歩行は間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれます。
脊柱管狭窄症でみられる間欠性跛行は、腰をかがめて休むと症状が改善するなど、姿勢の影響を受ける特徴がありますそのほか、
下肢の筋力が低下したり、知覚障害や膀胱直腸障害(トイレが近くなる、回数が多くなる、尿が残った感じがある、男性なのに便秘になるなど)
が起こったりする場合もあります。

腰部脊柱管が腰椎の変形などによって狭くなり、神経を圧迫して症状が発生します。
変形の原因としては、加齢があげられます。

歳を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりするため、このような狭窄が起こるのです。
腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。

梨状筋症候群

梨状筋の過緊張による坐骨神経の圧迫です。
梨状筋が過緊張に陥る原因には、スポーツなどでの過負荷。

長時間の座位や立位。マッサージなどに対する防御反応などが考えられます。
坐骨神経の走行に沿って出現する“疼痛”や“痺れ”です。

臀部や大腿の後面に“鋭い痛み”や“ビリビリする痛み”が生じます。
梨状筋からの圧迫の程度によって症状が変化するため、姿勢によっても疼痛や痺れが強くなることがあります。

このような症状も、くまはら接骨院では、問診時に確認させて頂き、現状の把握をした中で、
適性なメニューをご提案させて頂ければと思いますので、何かありましたら、一度ご相談下さい!!