交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤補正、腰痛治療 埼玉県入間市豊岡1-5-32 武蔵野ビル1F
くまはら接骨院 入間院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~18:00
休  診
日曜日・祝祭日・木曜午後

野球肘

野球肘はなぜ起こる?

野球肘とは、投球動作の繰り返しによる肘の痛みのことです。

痛みを伴う多くの野球少年の投球フォームは、下半身が上手く使えていなかったり、身体の開きが早かったり、肘が下がった状態であったりと、肘に負担がかかりやすい投球フォームが多くみられます。

ボールを投げる時の手首の使い方が悪いと、手首が外側に過度に曲がってしまいます。それをまた内側に戻さなければいけなくなり、その力によって肘の内側の骨を痛めてしまうのです。

その為、繰り返される投球動作が、肘の骨、筋、靭帯など未発達の部位へのストレスとなり痛みとして現れます。

野球肘が悪化するとどうなるの?

痛みを我慢して野球を続けると、大人になったときに肘が完全に伸びないなど、後遺症が残ります。

ひどいときは肘の外側や後側まで悪くなり、野球を続けることができなくなることもあります。
一度肘を痛めてしまうと、生まれた時のような正常な状態に戻ることはほとんどありません。

そのため、野球肘では早めの施術が大切です。肘の違和感・痛みのある方は早めの受診をおススメします。

くまはら接骨院の野球肘の療法は?

くまはら接骨院は、元プロ野球トレーナー代表直営接骨院ということもあり、野球肘専門院として豊富な実績と自信を持っています。

野球に特化した評価を行い、症状を確認させていただき、その症状に合わせた治療に加え、経過を見ながら運動療法を取り入れ競技復帰に向けての投球指導を行っていきます。

肘の痛みを再発させないためにも肘に負担のかからない投球フォームを身に付けていくことがとても重要なのです。

また、くまはら接骨院では、エコー検査でレントゲン・MRI検査でわかりづらい、細かな異常も正確に観察し、野球肘に対応できるようプロ野球で実際に使われている治療機器も導入しています。

スポーツドクターとの交流が多く最新のスポーツ医学・症例を日々勉強しています。

野球肘でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。