交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤矯正、腰痛治療 埼玉県入間市豊岡1-5-32 武蔵野ビル1F
くまはら接骨院 入間院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
休  診
木曜日・日曜日

突き指(マレットフィンガー)

突き指によるこんな症状でお困りの方は注意が必要です

・指が腫れて痛む。
・指がうまく曲げられない。
・ボールを受けそこなり指を痛めた。
・病院でマレットフィンガーと言われた。
・安静にしてください。と言われたが何をすればいいのか分からない。

突き指は誰にでも起こりえる症状で、特にバスケットボールやバレーボールなどの球技スポーツに多いと言われています。
また、軽度の場合は適切な処置を行わず、放置してしまうことがあり、変形を残してしまったり、場合によっては骨折や靭帯損傷を伴うケースも多数あります。

突き指、「マレットフィンガー」とは?

突き指は、バスケットボールやソフトボールなどの球技スポーツの人に発生頻度が高く、どこかに指をぶつけた際にも起こりえます。
その際、瞬時に縦方向の強い外力が指先に加わることで生じます。指には縦方向の外力を緩和する構造がない為、伸筋腱(手の甲側に付く筋)が切れたり、伸筋腱が付着している末節骨の一部が腱に引っ張られ剥がれたり(剥離骨折)することもあります。

症状としては、第1関節(DIP関節)の腫脹、や疼痛、伸展障害がみられます。
また、腱や骨の損傷が起こり、第1関節が動かなくなることはマレットフィンガーと呼ばれ、3つに分類されます。
Ⅰ型 腱断裂:伸筋腱の断裂
Ⅱ型 剥離骨折:伸筋腱付着部での剥離骨折
Ⅲ型 関節骨折:末節骨の背側関節面を含む骨折

放っておくとどうなる?

突き指を放っておくと変形や機能障害が残る為、早期治療と固定が必要になります。
固定中も関節周りの靭帯、腱の癒着が起きてくる為
その後のリハビリも大切になります。

当院での治療

突き指の治療は一般的に保存療法で行われます。

当院では、受傷直後は3D-MENSとLIPUS治療器を使用し治療を行います。
その後、グラストンを用いて可動制限の解除や組織の癒着を取り除いていきます。
以下は治療法についての説明です。

3D-MENS

微弱な電流を流すことで傷ついた組織の修復を早め、損傷部位の治癒を促進して炎症軽減と痛みを緩和します。

LIPUS治療器

非常に微弱な音波を患部に断続的にあてることで、骨の修復に重要な骨芽細胞を刺激し、骨癒合促進します。

グラストン

ステンレスの棒で筋膜を擦り瘢痕化した組織をときほぐし癒着した組織の可動制限を解放します。

突き指でお困りの方はくまはら接骨院へご相談ください!

~くまはら接骨院・入間院~
埼玉県入間市豊岡1-5-32武蔵野ビル1F
TEL04-2966-5876
入間市駅より徒歩5分
<完全予約制>

お悩みの症状から調べる

関連記事