交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤矯正、腰痛治療 埼玉県入間市豊岡1-5-32 武蔵野ビル1F
くまはら接骨院 入間院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
休  診
木曜日・日曜日

肉離れ

肉離れについてこんな訴えでお困りではありませんか?

●根本から治したい。
●癖づいてしまって、再発してしまう。
●早く治したいのだけど、運動していいのか分からない、現状の状態を知りたい。
●安静にしてれば治ると言われたが、一向に痛みが消えない。
●再発が怖くて十分なパフォーマンスが発揮できない。

肉離れとは

肉離れは、スポーツ競技中や物を持ち上げた際、急激に筋肉が収縮することにより発生するものです。

「ブチッ」や「グリッ」といった音を感じる場合もあります。損傷を起こした筋肉は、痛みが発生し動作時な痛みが増強します。

太ももやふくらはぎに発生してしまうと、歩行時に痛みが出たり、立つ事さえできないこともあります。

内出血も出現し、患部に陥凹を触知できることもあります。

重症度は以下の3段階に分けられます。

軽度
症状は比較的軽く、筋肉の一部に炎症が起こっているものです。

痛みは比較的軽度ですが、動作時に痛みが走ります。

中等度
筋肉の一部が断裂。筋膜の損傷に加えて、内出血も見受けられます。

自律歩行時に痛みが出現し、歩くことは難しいです。

重度
筋線維が部分断裂し深層まで及んだもの、筋線維が完全に断裂したものです。

深層まで断裂したものは、陥凹を触知することができます。

ここまでの損傷になると、安静時にも激痛が走り、自律歩行はまずできません。

内出血もひどくなり広範囲に及びます。

手術となる場合があります。

肉離れの症状について

症状としては、受傷直後や損傷がひどい場合には安静時でもズキズキした痛みが続きます。

また、筋肉を伸ばすストレッチ動作や、歩行・ランニングなどの運動時に痛みを感じます。

放っておくとどうなる?

肉離れを放置すると損傷を起こした筋線維から出血した血液組織が筋組織内で固まり、血腫というものを形成します。

これが一般的に「しこり」として感じるものです。

この血腫(しこり)が筋組織内に残ったまま、日常生活や競技復帰してしまうと再発のリスクが高まります。

また、周りの筋肉や左右差が出来てしまうので、他の筋肉にかかる負担が大きくなり他の筋肉にも肉離れが起こってしまうかもしれません。

そういった理由から、強度の高いスポーツを行う上で、治療をしないことや、途中で治療をやめてしまう事は大変危険です。

肉離れに対する治療

くまはら接骨院では、肉離れを再発させない、癖づかせない為に「根本治療」を念頭に治療を置いて行なっています。

肉離れが起こった後、血腫(しこり)の消失が非常に大切ですが、当院ではエコー検査を用いることで、血腫の大きさを的確に判断して、治療のプロセスを決めていきます。

また、マッサージだけではなく、「グラストン」と呼ばれる筋膜をリリースすることができる器具や、「ラジオ波」と呼ばれるカラダの深部まで温めることができる治療器を用いて、血腫の吸収を促進させる治療を行っていきます。

また、治療だけではなく、競技復帰に向けたリハビリや筋トレのメニューを指導させて頂き、再発させないカラダに導いていきます。

お悩みの症状から調べる

関連記事