交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤矯正、腰痛治療 埼玉県入間市豊岡1-5-32 武蔵野ビル1F
くまはら接骨院 入間院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
休  診
木曜日・日曜日

腱鞘炎

こんな症状でお困りではありませんか?

・手を広げた時に親指に痛みがある
・物を持ったり握ったりした時に痛みがある
・親指の付け根の辺りが腫れている
・湿布や痛み止めを使用しているがなかなか痛みが引かない
・レントゲン上異常がなく安静にしていてくださいと言われた
・安静にすると良くなるが、使い始めると痛みが繰り返し出てくる

腱鞘炎とは?

腱鞘炎は手首の特に親指側で好く発生するとされていて、ドケルバン病とも呼ばれます。

主に指の使い過ぎで起こることが多く、

・パソコンでキーボードやマウスを長時間操作する方

・ピアノや楽器を演奏する方

・グリップやボールを握るようなスポーツをされる方

このように指の反復的な操作、動きをする方は腱鞘炎になりやすいです。

また更年期の女性、妊娠中や産後の女性にも多くみられ、これは女性ホルモンの分泌が関係することもあります。

腱鞘炎を放っておくとどうなる?

腱鞘炎は腱と腱鞘の擦れ合いで起こる為、放っておくとさらに痛みが増し、何をしても痛みが取れない事が多いです。

始めは特定の動作での痛みだったのが、手を使うたびに痛みが出る事が増え、仕事や日常生活に支障をきたすことがあります。

ここまで痛みが酷くなると、治療して治るまでに時間がかかってしまいます。

少しでも違和感や痛みが出てる場合には早期治療をオススメします。

痛みはあるけどなかなか治療院に来れない方は、炎症を抑える目的で氷をビニール袋に入れ冷やすアイシングを10分程行ってください。

当院での治療

くまはら接骨院入間院では、まず『エコー検査』で状態を確認します。

エコー検査ではレントゲンで映らなかった腱や腱鞘部の損傷、炎症度合いや肥厚を確認することが出来ます。

その画像を見た上で治療内容を決めます。

治療内容は『マイクロ波』と呼ばれる微弱な電流を流す治療器具を使い、組織の修復を早め、炎症反応の抑制と痛みの軽減させます。

また、『グラストン』と呼ばれる器具を使い、癒着した組織を剥がし腱と腱鞘の滑走を良くして痛みを軽減させます。

最後に、腱鞘炎(ドケルバン)は痛みが引いてきたら、腕や肩甲骨周囲のストレッチをする事で、手の負担が減り、再発のリスクを減らすことが出来ます。

痛みを繰り返さないカラダにしていくためのお手伝いをしていきます。

腱鞘炎の症状でお困りの方はくまはら接骨院へご相談ください!

~くまはら接骨院・入間院~
埼玉県入間市豊岡1-5-32武蔵野ビル1F
TEL04-2966-5876
入間市駅より徒歩5分 <完全予約制>

Instagram
https://www.instagram.com/kuma_iruma/?hl=ja

お悩みの症状から調べる

関連記事